【魔法の言葉】今日、約2か月ぶりに紙巻タバコ吸いましたが、魔法の言葉で神のタバコになることとに気づいた件について

OK1.jpg


今日、約2か月ぶりに紙巻タバコ吸いましたが、魔法の言葉で神のタバコになることとに気づきました。

吸った銘柄は「ピース アロマ ロイヤル」タール10mg、ニコチン1.0mgです。値段は550円。ローソンで買いましたが、どのコンビニでも取り扱っているメジャーな銘柄です。

普通、1か月も吸わない日があれば、突然タール8mg以上のタバコを吸うと確実に頭がクラクラします。しかし、魔法の言葉を唱えることで①頭がクラクラしない②臭くない③タバコ本来の香りを吸える④香料はそのまま ということがわかりました。

約2か月も吸わないとタバコの短い銘柄で十分だということがわかりました。映画やゲームの1シーンで軍人や傭兵が1口2口吸ってポイすることがありますが、他に用事がある脳内信号に変わってしまっているので、そんな感じです。

「ピース アロマ ロイヤル」は普通の銘柄よりも長いタバコになりますので、「全部吸うのが面倒くさい。」と感じました。

室内で吸うことに抵抗があるため、衣類にどんな匂いが付いたか?まではわかりませんが、口の中は初めてタバコを吸ったときのようにタバコ臭い。そう感じました。「うがいしようかな。」とも思ってしまいました。⇒ブラックコーヒーで口の中を誤魔化しました。

魔法の言葉を知りたい方はこのブログのアーカイブを読んでください。⇒【魔法の言葉】たった1分唱えるだけで食べ物の品質やタバコの品質が向上する魔法の言葉を考案しました。

ちなみに僕はタバコの箱、1箱に魔法の言葉を3セット唱えました。

追伸:タバコ止めた。と言いつつ、吸ってしまった。「これは体に良いタバコだ。」と閃いてしまったので。でも、体に良いタバコをお陰様で発見することができました。そして、買った紙巻タバコをそのまま吸ったら体に悪いことがわかりました。(だって、頭がクラクラすることは仕方ない。時期に慣れるさ。は迷信だよ。体に悪いってことじゃん。)

この記事へのコメント

Mr.カ・タール・ニコチンのツイッターはこちら.jpg